書と花日記

「書」と「花」の表現の道を歩む日記

熊谷守一美術館へ

f:id:mforest205:20210603161751j:plain

熊谷守一美術館に行ってきました。

36周年展ということでたくさんの作品をみることができました。

 

映画「モリのいる場所」を観てから、なんだかさらに好きになった熊谷守一さん。

樹木希林との夫婦役もなかなか味がある。

 

彼は岐阜県中津川出身。

私も岐阜県出身なので親近感がわく。

 

苦労を重ねた人生の人ですが、自然体を貫いた強い人でもある。

 

地位や名誉には目もくれず、自分のペースを崩さない。才能はある人なのに、お金のために何でもやる、という人ではない。

文化勲章も辞退している。

 

その人となりが、絵のタッチや書にもほんとうに表れているなーと思う。

 

ほんわかした気分になれる。

きっと純粋で子供の心をもった温かい人だったんでしょうね。

 

「書は人なり」と言うけれど、守一さんの書を見るとなるほどと思う。

 

この美術館の建物も素敵な造りです。

あたたかな気持ちになれる美術展でした。